top of page

​看看其它

「にとって」和「に対して」


「にとって」和「に対して」的区别

「にとって」和「に対して」在翻译时有一点相似,但在使用上有本质的区别。


〜にとって

“〜にとって”的前项「〜」是做出评价或判断的主体。很多时候可以翻译为“对…来说”,“对…而言”。主语可以是人或物等。

例句:

・私にとって健康は一番大事です。(对我来说,健康是最重要的。)

・日本語は外国人にとって難しいです。(日语对于外国人来说很难。)

・この問題は小学生にとって難しい。(这个问题对小学生而言很难。)

・お肌にとって大切なのは睡眠です。(对皮肤来说重要的是睡眠。)


〜に対して

“〜に対して”的前项「〜」是除了做出评价或判断的主体以外的对象。

例句:

・佐藤先生は生徒に対してとても厳しいです。(佐藤先生对学生非常严厉。)

・小林は誰に対しても丁寧です。(小林对谁都很有礼貌。)


根据句子中出现的是以上的哪一个,来判断句子的陈述对象和语境等信息。如:

・田中は学生にとって厳しい先生だ。

这句话译为:田中对学生来说是严厉的老师。表达的是对于学生来说,经过学生自己上课或接触田中等事情后,做出田中是严厉的老师这个判断,做出这个判断和评价的人是学生。

・田中は学生に対して厳しい先生だ。

“〜に対して”的时候,译为:田中是对学生很严厉的老师。做出这个评价的人不是学生,是以第三视角表达的。





Comments


bottom of page